NEWS & EVENT

気象庁発表【 線状降水帯 】

2022.06.01

6月に入り梅雨入りのニュースが気になるこの頃ですが、皆様いかがお過ごしですか。

気象庁から【線状降水帯】について発表がありましたがご覧になりましたか。
大雨、土砂崩れや洪水など、日ごろの備えが重要になります。
各人が意識を持ってメディアの情報に注意しましょう。

参考に資料を添付しますので、ぜひ目を通してみてください。

発達した積乱雲が次々と連なって大雨をもたらす「線状降水帯」が発生するおそれのある場合、
気象庁は半日から6時間前までに気象情報の中で伝える取り組みを1日(6/1)から始めます。
全国11の地方ごとに警戒が呼びかけられますが精度はまだ限定的で気象庁は危機感を高めるために活用してほしいとしています。

呼びかけは「関東甲信」や「九州北部」など全国11の地方ごとに行われ、地方や府県ごとに出される
「気象情報」の中で ″ 線状降水帯が発生する可能性がある”という文言が盛り込まれます。

TOP